TEL MAIL

価格には理由がある。サービスには物語がある。

使えば伝わる
納得と信頼のSTHARK(スターク)ホスティング

価格は安心の対価。
格安サービスでは実現できない
サポート体制と高品質なサービス。
スペックを並べ立てるだけのサービスではなく、
お客様がビジネスに活用できるサービスに
したいから、
その価値の在り方を
とことん追求していく。

SCROLL

実績に根拠あり!
20年の経験があなたのビジネスを支える

  • 国内初、Pleskサービス化
  • 国内初、仮想化環境をホスティング展開
  • 国内初、Hyperconverged Infrastructure Platformサービス活用
※STHARKホスティングのサービスインフラは、Virtuozzo Hyperconverged Infrastructure Platform を使用しております。

OUR FEATURESSTHARKホスティングの特徴

  • SUPPORT

    サポートチームは全員エンジニア。
    明瞭な回答とソリューションに心躍ります^^

  • SECURITY

    張りぼてではない本物の安心感は、
    スタッフの対応姿勢から生まれます。

  • QUALITY

    お客様とのコミュニケーションを
    大切にするのは、高品質の証です。

SERVICESTHARKホスティングのサービス

わたしたちが提供する
サービスは、
技術者がドキドキワクワクするようなものではなく、
安心して利用者に引き渡せるもの。
多少技術が解らなくてもちゃんと活用できるサービスです。

→サーバエンジニアが運用に悩まされない
→ウェブデザイナーが、苦手なサーバのことを考えなくてすむ
→総務担当がドメインやサーバ証明書のテクノロジーを理解しなくてすむ

そんな当たり前のことと誠実に向き合っている
ホスティングサービスです。

スタークホスティング事業部 事業部長
長岡利幸

お客さまの環境を充実させる
オプションサービス
Domain services

お客さまの環境を充実させる
オプションサービス
SSL services

Pleskのことならお任せください。 PLESK No.1サポート

  • ベンダーも認める
    対応力

    長く扱っているので、
    各バージョンの癖まで知っている

  • 日本で最も長く
    サービスを提供

    経験があるからこそ、
    すべてのケースを解決できる

  • 数少ない
    再販ライセンスを有する

    サーバの設置場所に
    依存しない販売とサポート対応

BLOGSTAHRKブログ

  • Plesk Extensions の監視ツールを試してみた

    ホスティングサービス

    活用できそうな新しい Plesk Extensions(プレスク クステンション)があったので試してみます。 CloudRadar Server Monitoring サーバのモニタリング機能と監視ツールです。 紹介ページを見てみると、slack などに通知を表示されることもできるようですね。 外部の無料監視ツールなどをお使いの方も多いとは思いますが、監視対象の数に制限があったりして、複数のツールを管理する羽目になったりしてませんでしょうか? やはり一元管理が楽ですよね! いつも通り、Plesk Extensions(拡張カタログ)からインストールします。 ここから CloudRadar Server Monitoring の画面を開くと・・・ ・・・・・「無料インストール」となっていましたが、紹介ページに offers reliable and affordable と書かれていたので、気にはなっていたのですが。 どうやら完全に有料の Extension ですね。。。 でも、せっかくなのでためしてみます。 Start your 30-days trial naw(no payment required) と記載もありますし。 画面に沿って入力していくと・・・・ Plesk上では単なる登録作業で、完全に外のサービスでした。。 費用は、1 ホスト毎に毎月 $1.2 で、ping 監視、port 監視、web site チェックが行えます。 当然 Plesk サーバだけではなく、それ以外のサーバを監視対象にすることもでき、エージェントをインストールすることでサーバリソースを監視することもできます。 また、監視ユーザーを追加することができ、tag でグルーピングすることによって、確認できるホストを分けることもできます。 外部サービスなので、Plesk からではなくサービスサイトから登録することももちろんできます。 https://www.cloudradar.io/ もう少し使い込んでみないとなんとも言えませんが、この価格なら検討する価値はありそうですね。

  • この秋リリース予定の Plesk Obsidian が無料で試せる!

    ホスティングサービス

    Plesk Obsidian(プレスク オブシディアン)のリリースを直前に、無料トライアルができるサイトが公開されています。 今回のバージョンでの大きな変更点は、 ・WordPressの管理機能の強化 ・セキュリティ強化のために、Mod Security と Fail2ban がデフォルトオンになっている。 ・メールサーバにおける SNI サポート。 などです。 (WordPressの管理機能の強化については、こちらの記事をご参照ください。 ➡ https://www.sthark.com/blog/6823/) ルックアンドフィールの若干の変更はあるものの、大きな違いはないように思いました。 以下のサイトからトライアル版を15日間利用できるので、ご興味がある方は是非試してみてください。 https://www.plesk.com/obsidian-preview/ サイトにアクセスすると、一番下に簡単な登録画面があります。 ここに、名前とメールアドレス、などを入力すれば、メールが届きます。 メールに記載されているコマンドを実行すれば、Plesk Obsidian インストールされます。 sh

  • 【後編】ウェブサイトを高速化! Plesk Extensions の Speed Kit を試してみた。

    ホスティングサービス

    先日ご紹介させていただきました Speed Kit(スピードキット)に、ライセンスを投入してみました! First Meaningful Paint が 20.8倍に。 Time to First Byte が 34.7倍になりました。 ということでサイトスピードは 20.8倍に! ほんとうは、Google の PageSpeed Insights の計測結果も合わせて表示したかったのですが、残念なことに期待通り数値が改善されませんでした。 一方では 20.8倍になっているのに・・・・ 恐らく計測ロジックが違うのだと思います。 ただ、体感的には圧倒的に早くなったことを感じられました。 金額的にもとても安いので、ご興味があれば試してみてください。 この Speed Kit、WordPress(ワードプレス)のプラグインからもインストールすることができるのですが、Plesk(プレスク)の面白いところは、別ドメインに切替えができるというところです。 最初の画像の一番右下のところに「無効化」という文字が見えますが、これをクリックすると Speed Kit が外れます。 そして別のドメイン名の横にある「Speed Kit を有効化」をクリックすると、そのドメインを高速化してくれます。 ウェブサイトの表示スピードは、WordPress のプラグインやネットワーク、サーバ自体の環境によっても大きく変わります。 手っ取り早く Speed Kit を活用しつつ、PageSpeed Insights の指摘項目をこまめに潰していくことで、更に大きな成果につながるのではないでしょうか。

  • ウェブサイトを高速化! Plesk Extensions の Speed Kit を試してみた。

    ホスティングサービス

    「Speed Kit(スピードキット)」 今回はこれを試してみたいと思います。 ただし、Speed Kit はライセンスを購入しないとその恩恵にあずかることができません。 無料版では、Speed Kit を使用した場合どの程度高速化できるかというレポーティングまで。 ただ、このレポーティング結果によっては、購入を検討してみたくなるかもしれません。 現在 Plesk(プレスク)で運営しているウェブサイト自体の役割や集客フェーズにもよりますが、表示スピードに課題があるのであれば、無料レポートだけでも試してみる価値はありますよね。 さてさて、Plesk Extensions(プレスクエクステンション・拡張カタログ)の Speed Kit を見てみましょう。 拡張カタログトップのここ または、Plesk Extensions「最も人気」コーナーから、Speed Kit を選択します。 めずらしく、しっかりと説明が記載されています。 ・ポテンシャルとして通常 50~300% パフォーマンスが向上する。 ・サイトスピードは利益に直結する点の指摘。 ・CDNとの違い ・特徴として、最適化と監視、完璧なキャッシング。 などが表現されています。 サーバ環境にもよりますが、CDNより優れているというのであれば、月額1,000円未満のコストであればとても魅力的なものではないでしょうか。。。 それでは無料インストールをクリックしてみます。 画面キャプチャを取る間もなく終わってしまいました。 Speed Kit の画面を開くと、Plesk に設定してあるすべてのドメインに対して簡易レポートが始まります。 なんと、ユーザーのファーストビューとして定義される First Meaningful Paint が10倍。 さらに、Time to First Byte と言われる、最初の1バイトの到達時間が40~50倍速くなるというレポートです。 個別の「パフォーマンスレポート」をクリックすると、詳細レポートが表示されます。 なななんと13倍! 6500 ms が 500 ms まで高速化されるというレポートが出ました。 ちなみに、今回の検証用のサイトでは、WordPress を利用してます。 WordPress を高速化したいというリクエストは最近とても多くなってきていますが、当社でも提供している KUSANAGI では複数ドメインを運用するのは不向きです。 複数ドメインの WordPress とメールアカウントを運用するのはやはり Plesk が適していますが、残念ながら WordPress を高速化する KUSANAGI を動かすことができません。 複数ドメインの WordPress とメールアカウントを運用する際、Plesk + WordPress Toolkit + Speed Kit は良い組み合わせかもしれません。 悩んだら、まず試してみることをお勧めします。 レポーティングまでなら無料で試せますので。 価格と、そこから得られる価値。 本当に必要なもの。価値あるものをちゃんと選んでいきたいですよね。 【編集後記】 今回の記事とはまったく関係ないお話なのですが、ずいぶんと久しぶりに野球観戦に仲間とでかけました。 昼間の雨が幸いして、涼しいとは言えないにしても、快適な夏の風に包まれながら観戦することができました。 プロ野球観戦と生ビールに花火。たまには良いものですね。 みなさまも夏バテにはお気を付けて、頑張ってください。

  • Plesk Extensions の監視ツールを試してみた

    ホスティングサービス

    活用できそうな新しい Plesk Extensions(プレスク クステンション)があったので試してみます。 CloudRadar Server Monitoring サーバのモニタリング機能と監視ツールです。 紹介ページを見てみると、slack などに通知を表示されることもできるようですね。 外部の無料監視ツールなどをお使いの方も多いとは思いますが、監視対象の数に制限があったりして、複数のツールを管理する羽目になったりしてませんでしょうか? やはり一元管理が楽ですよね! いつも通り、Plesk Extensions(拡張カタログ)からインストールします。 ここから CloudRadar Server Monitoring の画面を開くと・・・ ・・・・・「無料インストール」となっていましたが、紹介ページに offers reliable and affordable と書かれていたので、気にはなっていたのですが。 どうやら完全に有料の Extension ですね。。。 でも、せっかくなのでためしてみます。 Start your 30-days trial naw(no payment required) と記載もありますし。 画面に沿って入力していくと・・・・ Plesk上では単なる登録作業で、完全に外のサービスでした。。 費用は、1 ホスト毎に毎月 $1.2 で、ping 監視、port 監視、web site チェックが行えます。 当然 Plesk サーバだけではなく、それ以外のサーバを監視対象にすることもでき、エージェントをインストールすることでサーバリソースを監視することもできます。 また、監視ユーザーを追加することができ、tag でグルーピングすることによって、確認できるホストを分けることもできます。 外部サービスなので、Plesk からではなくサービスサイトから登録することももちろんできます。 https://www.cloudradar.io/ もう少し使い込んでみないとなんとも言えませんが、この価格なら検討する価値はありそうですね。

  • この秋リリース予定の Plesk Obsidian が無料で試せる!

    ホスティングサービス

    Plesk Obsidian(プレスク オブシディアン)のリリースを直前に、無料トライアルができるサイトが公開されています。 今回のバージョンでの大きな変更点は、 ・WordPressの管理機能の強化 ・セキュリティ強化のために、Mod Security と Fail2ban がデフォルトオンになっている。 ・メールサーバにおける SNI サポート。 などです。 (WordPressの管理機能の強化については、こちらの記事をご参照ください。 ➡ https://www.sthark.com/blog/6823/) ルックアンドフィールの若干の変更はあるものの、大きな違いはないように思いました。 以下のサイトからトライアル版を15日間利用できるので、ご興味がある方は是非試してみてください。 https://www.plesk.com/obsidian-preview/ サイトにアクセスすると、一番下に簡単な登録画面があります。 ここに、名前とメールアドレス、などを入力すれば、メールが届きます。 メールに記載されているコマンドを実行すれば、Plesk Obsidian インストールされます。 sh

  • 【後編】ウェブサイトを高速化! Plesk Extensions の Speed Kit を試してみた。

    ホスティングサービス

    先日ご紹介させていただきました Speed Kit(スピードキット)に、ライセンスを投入してみました! First Meaningful Paint が 20.8倍に。 Time to First Byte が 34.7倍になりました。 ということでサイトスピードは 20.8倍に! ほんとうは、Google の PageSpeed Insights の計測結果も合わせて表示したかったのですが、残念なことに期待通り数値が改善されませんでした。 一方では 20.8倍になっているのに・・・・ 恐らく計測ロジックが違うのだと思います。 ただ、体感的には圧倒的に早くなったことを感じられました。 金額的にもとても安いので、ご興味があれば試してみてください。 この Speed Kit、WordPress(ワードプレス)のプラグインからもインストールすることができるのですが、Plesk(プレスク)の面白いところは、別ドメインに切替えができるというところです。 最初の画像の一番右下のところに「無効化」という文字が見えますが、これをクリックすると Speed Kit が外れます。 そして別のドメイン名の横にある「Speed Kit を有効化」をクリックすると、そのドメインを高速化してくれます。 ウェブサイトの表示スピードは、WordPress のプラグインやネットワーク、サーバ自体の環境によっても大きく変わります。 手っ取り早く Speed Kit を活用しつつ、PageSpeed Insights の指摘項目をこまめに潰していくことで、更に大きな成果につながるのではないでしょうか。

  • ウェブサイトを高速化! Plesk Extensions の Speed Kit を試してみた。

    ホスティングサービス

    「Speed Kit(スピードキット)」 今回はこれを試してみたいと思います。 ただし、Speed Kit はライセンスを購入しないとその恩恵にあずかることができません。 無料版では、Speed Kit を使用した場合どの程度高速化できるかというレポーティングまで。 ただ、このレポーティング結果によっては、購入を検討してみたくなるかもしれません。 現在 Plesk(プレスク)で運営しているウェブサイト自体の役割や集客フェーズにもよりますが、表示スピードに課題があるのであれば、無料レポートだけでも試してみる価値はありますよね。 さてさて、Plesk Extensions(プレスクエクステンション・拡張カタログ)の Speed Kit を見てみましょう。 拡張カタログトップのここ または、Plesk Extensions「最も人気」コーナーから、Speed Kit を選択します。 めずらしく、しっかりと説明が記載されています。 ・ポテンシャルとして通常 50~300% パフォーマンスが向上する。 ・サイトスピードは利益に直結する点の指摘。 ・CDNとの違い ・特徴として、最適化と監視、完璧なキャッシング。 などが表現されています。 サーバ環境にもよりますが、CDNより優れているというのであれば、月額1,000円未満のコストであればとても魅力的なものではないでしょうか。。。 それでは無料インストールをクリックしてみます。 画面キャプチャを取る間もなく終わってしまいました。 Speed Kit の画面を開くと、Plesk に設定してあるすべてのドメインに対して簡易レポートが始まります。 なんと、ユーザーのファーストビューとして定義される First Meaningful Paint が10倍。 さらに、Time to First Byte と言われる、最初の1バイトの到達時間が40~50倍速くなるというレポートです。 個別の「パフォーマンスレポート」をクリックすると、詳細レポートが表示されます。 なななんと13倍! 6500 ms が 500 ms まで高速化されるというレポートが出ました。 ちなみに、今回の検証用のサイトでは、WordPress を利用してます。 WordPress を高速化したいというリクエストは最近とても多くなってきていますが、当社でも提供している KUSANAGI では複数ドメインを運用するのは不向きです。 複数ドメインの WordPress とメールアカウントを運用するのはやはり Plesk が適していますが、残念ながら WordPress を高速化する KUSANAGI を動かすことができません。 複数ドメインの WordPress とメールアカウントを運用する際、Plesk + WordPress Toolkit + Speed Kit は良い組み合わせかもしれません。 悩んだら、まず試してみることをお勧めします。 レポーティングまでなら無料で試せますので。 価格と、そこから得られる価値。 本当に必要なもの。価値あるものをちゃんと選んでいきたいですよね。 【編集後記】 今回の記事とはまったく関係ないお話なのですが、ずいぶんと久しぶりに野球観戦に仲間とでかけました。 昼間の雨が幸いして、涼しいとは言えないにしても、快適な夏の風に包まれながら観戦することができました。 プロ野球観戦と生ビールに花火。たまには良いものですね。 みなさまも夏バテにはお気を付けて、頑張ってください。

MORE

FAQよくある質問

NEWS最新情報

ALL

お知らせ

障害情報

メンテナンス情報

MORE

CONTACT

Flex Mini Cubeに関するお問い合わせ・相談ウェブサーバー専門スタッフが直接対応

03-6704-0779 平日:10:00-18:00 土日祝休み
お問い合わせフォーム