TEL MAIL

価格には理由がある。サービスには物語がある。

使えば伝わる
納得と信頼のSTHARK(スターク)ホスティング

価格は安心の対価。
格安サービスでは実現できない
サポート体制と高品質なサービス。
スペックを並べ立てるだけのサービスではなく、
お客様がビジネスに活用できるサービスに
したいから、
その価値の在り方を
とことん追求していく。

SCROLL

実績に根拠あり!
20年の経験があなたのビジネスを支える

  • 国内初、Pleskサービス化
  • 国内初、仮想化環境をホスティング展開
  • 国内初、Hyperconverged Infrastructure Platformサービス活用
※STHARKホスティングのサービスインフラは、Virtuozzo Hyperconverged Infrastructure Platform を使用しております。

OUR FEATURESSTHARKホスティングの特徴

  • SUPPORT

    サポートチームは全員エンジニア。
    明瞭な回答とソリューションに心躍ります^^

  • SECURITY

    張りぼてではない本物の安心感は、
    スタッフの対応姿勢から生まれます。

  • QUALITY

    お客様とのコミュニケーションを
    大切にするのは、高品質の証です。

SERVICESTHARKホスティングのサービス

わたしたちが提供する
サービスは、
技術者がドキドキワクワクするようなものではなく、
安心して利用者に引き渡せるもの。
多少技術が解らなくてもちゃんと活用できるサービスです。

→サーバエンジニアが運用に悩まされない
→ウェブデザイナーが、苦手なサーバのことを考えなくてすむ
→総務担当がドメインやサーバ証明書のテクノロジーを理解しなくてすむ

そんな当たり前のことと誠実に向き合っている
ホスティングサービスです。

スタークホスティング事業部 事業部長
長岡利幸

お客さまの環境を充実させる
オプションサービス
Domain services

お客さまの環境を充実させる
オプションサービス
SSL services

Pleskのことならお任せください。 PLESK No.1サポート

  • ベンダーも認める
    対応力

    長く扱っているので、
    各バージョンの癖まで知っている

  • 日本で最も長く
    サービスを提供

    経験があるからこそ、
    すべてのケースを解決できる

  • 数少ない
    再販ライセンスを有する

    サーバの設置場所に
    依存しない販売とサポート対応

BLOGSTAHRKブログ

  • Cent OS 8 に Plesk はインストールできるのか!?

    ホスティングサービス

    結論からいうと、ダメでした・・・ 以前ご紹介した Plesk(プレスク)のウェブインストールツール あきらめ半分、期待半分でサーバ情報を入力し、「CONTINUE」をクリック。 瞬間でこの画面に切り替わりました。 「このOSは対応していません」 まぁ、当然といえば当然です。 先月、『CentOS 開発チームは9月24日、Red Hat Enterprise Linux クローンの最新版「CentOS 8.0.1905」を公開した』というニュースが出てまだ2週間です。 いくら Plesk の開発チームが優秀だからといって、こんなに早く対応できるわけがありません。 それでもこの短期間で、CentOS 8 をサービス環境として提供しているところがあります。 (残念ながら当社はまだ準備が整っておりません) そうです。このブログでも何度かお世話になっているあの会社です。 いったんできあがってきた VPS に CentOS 8 を再インストールする形になります。 言語と ベースの環境と Add-On を選択し デバイスを選択 インストールがはじまります この間に root のパスワードを設定 この通り、CentOS 8 環境が立ち上がります。 ただ、やはりここからいろいろ理解して、運用していくのは難しいですね。 しかも今回はミドルウェアのバージョンも大きく異なり、コマンドやファイアウォールの仕様まで変更されているようです。 あまり無理をせず、Plesk が CentOS 8 に対応する日を楽しみに待つことにします。

  • Plesk Advisor 機能 ファイアウォール編

    セキュリティ

    Plesk(プレスク)の Advisor(アドバイザー)機能をご存知ですか? Plesk の画面右上にある この機能です。 クリックすると、、、 「注意が必要です」「最低です」などの酷評の言葉が並びます。 ここにリストされたもののひとつに「Plesk ファイアウォールを構成」とありますが、Plesk Extensions(拡張カタログ)で検索しても出てこなかったので、Advisor 機能から直接「インストール」ボタンをクリックしてみます。 別窓が開き・・・あ、なるほど。 インストールはこちらからになるのですね。 コンポーネントの追加を開き、Plesk extensions の+ボタンをクリックして、Plesk Firewall のプルダウンで「インストール」を選択。 左下の「続ける」ボタンをクリック。 完了したら「OK」ボタンをクリックして、元の画面を表示させます。 元の画面が表示されたら✕ボタンで閉じて、Plesk Advisor 機能に戻ります。 「Plesk ファイアウォールを構成」の右のボタンが「アクティブ化」に変わってます。 これをクリック。 リストから外れ、「最近導入した主な推奨事項」に移りました。 赤い!マークも、緑のチェックマークに変わっていますね。 「開く」をクリックして設定内容を見るとこんな感じ。 必ように応じて、カスタマイズもできますね。 ルールの追加もできます。

  • Plesk Extensions の監視ツールを試してみた

    ホスティングサービス

    活用できそうな新しい Plesk Extensions(プレスク クステンション)があったので試してみます。 CloudRadar Server Monitoring サーバのモニタリング機能と監視ツールです。 紹介ページを見てみると、slack などに通知を表示されることもできるようですね。 外部の無料監視ツールなどをお使いの方も多いとは思いますが、監視対象の数に制限があったりして、複数のツールを管理する羽目になったりしてませんでしょうか? やはり一元管理が楽ですよね! いつも通り、Plesk Extensions(拡張カタログ)からインストールします。 ここから CloudRadar Server Monitoring の画面を開くと・・・ ・・・・・「無料インストール」となっていましたが、紹介ページに offers reliable and affordable と書かれていたので、気にはなっていたのですが。 どうやら完全に有料の Extension ですね。。。 でも、せっかくなのでためしてみます。 Start your 30-days trial naw(no payment required) と記載もありますし。 画面に沿って入力していくと・・・・ Plesk上では単なる登録作業で、完全に外のサービスでした。。 費用は、1 ホスト毎に毎月 $1.2 で、ping 監視、port 監視、web site チェックが行えます。 当然 Plesk サーバだけではなく、それ以外のサーバを監視対象にすることもでき、エージェントをインストールすることでサーバリソースを監視することもできます。 また、監視ユーザーを追加することができ、tag でグルーピングすることによって、確認できるホストを分けることもできます。 外部サービスなので、Plesk からではなくサービスサイトから登録することももちろんできます。 https://www.cloudradar.io/ もう少し使い込んでみないとなんとも言えませんが、この価格なら検討する価値はありそうですね。

  • この秋リリース予定の Plesk Obsidian が無料で試せる!

    ホスティングサービス

    Plesk Obsidian(プレスク オブシディアン)のリリースを直前に、無料トライアルができるサイトが公開されています。 今回のバージョンでの大きな変更点は、 ・WordPressの管理機能の強化 ・セキュリティ強化のために、Mod Security と Fail2ban がデフォルトオンになっている。 ・メールサーバにおける SNI サポート。 などです。 (WordPressの管理機能の強化については、こちらの記事をご参照ください。 ➡ https://www.sthark.com/blog/6823/) ルックアンドフィールの若干の変更はあるものの、大きな違いはないように思いました。 以下のサイトからトライアル版を15日間利用できるので、ご興味がある方は是非試してみてください。 https://www.plesk.com/obsidian-preview/ サイトにアクセスすると、一番下に簡単な登録画面があります。 ここに、名前とメールアドレス、などを入力すれば、メールが届きます。 メールに記載されているコマンドを実行すれば、Plesk Obsidian インストールされます。 sh

  • Cent OS 8 に Plesk はインストールできるのか!?

    ホスティングサービス

    結論からいうと、ダメでした・・・ 以前ご紹介した Plesk(プレスク)のウェブインストールツール あきらめ半分、期待半分でサーバ情報を入力し、「CONTINUE」をクリック。 瞬間でこの画面に切り替わりました。 「このOSは対応していません」 まぁ、当然といえば当然です。 先月、『CentOS 開発チームは9月24日、Red Hat Enterprise Linux クローンの最新版「CentOS 8.0.1905」を公開した』というニュースが出てまだ2週間です。 いくら Plesk の開発チームが優秀だからといって、こんなに早く対応できるわけがありません。 それでもこの短期間で、CentOS 8 をサービス環境として提供しているところがあります。 (残念ながら当社はまだ準備が整っておりません) そうです。このブログでも何度かお世話になっているあの会社です。 いったんできあがってきた VPS に CentOS 8 を再インストールする形になります。 言語と ベースの環境と Add-On を選択し デバイスを選択 インストールがはじまります この間に root のパスワードを設定 この通り、CentOS 8 環境が立ち上がります。 ただ、やはりここからいろいろ理解して、運用していくのは難しいですね。 しかも今回はミドルウェアのバージョンも大きく異なり、コマンドやファイアウォールの仕様まで変更されているようです。 あまり無理をせず、Plesk が CentOS 8 に対応する日を楽しみに待つことにします。

  • Plesk Advisor 機能 ファイアウォール編

    セキュリティ

    Plesk(プレスク)の Advisor(アドバイザー)機能をご存知ですか? Plesk の画面右上にある この機能です。 クリックすると、、、 「注意が必要です」「最低です」などの酷評の言葉が並びます。 ここにリストされたもののひとつに「Plesk ファイアウォールを構成」とありますが、Plesk Extensions(拡張カタログ)で検索しても出てこなかったので、Advisor 機能から直接「インストール」ボタンをクリックしてみます。 別窓が開き・・・あ、なるほど。 インストールはこちらからになるのですね。 コンポーネントの追加を開き、Plesk extensions の+ボタンをクリックして、Plesk Firewall のプルダウンで「インストール」を選択。 左下の「続ける」ボタンをクリック。 完了したら「OK」ボタンをクリックして、元の画面を表示させます。 元の画面が表示されたら✕ボタンで閉じて、Plesk Advisor 機能に戻ります。 「Plesk ファイアウォールを構成」の右のボタンが「アクティブ化」に変わってます。 これをクリック。 リストから外れ、「最近導入した主な推奨事項」に移りました。 赤い!マークも、緑のチェックマークに変わっていますね。 「開く」をクリックして設定内容を見るとこんな感じ。 必ように応じて、カスタマイズもできますね。 ルールの追加もできます。

  • Plesk Extensions の監視ツールを試してみた

    ホスティングサービス

    活用できそうな新しい Plesk Extensions(プレスク クステンション)があったので試してみます。 CloudRadar Server Monitoring サーバのモニタリング機能と監視ツールです。 紹介ページを見てみると、slack などに通知を表示されることもできるようですね。 外部の無料監視ツールなどをお使いの方も多いとは思いますが、監視対象の数に制限があったりして、複数のツールを管理する羽目になったりしてませんでしょうか? やはり一元管理が楽ですよね! いつも通り、Plesk Extensions(拡張カタログ)からインストールします。 ここから CloudRadar Server Monitoring の画面を開くと・・・ ・・・・・「無料インストール」となっていましたが、紹介ページに offers reliable and affordable と書かれていたので、気にはなっていたのですが。 どうやら完全に有料の Extension ですね。。。 でも、せっかくなのでためしてみます。 Start your 30-days trial naw(no payment required) と記載もありますし。 画面に沿って入力していくと・・・・ Plesk上では単なる登録作業で、完全に外のサービスでした。。 費用は、1 ホスト毎に毎月 $1.2 で、ping 監視、port 監視、web site チェックが行えます。 当然 Plesk サーバだけではなく、それ以外のサーバを監視対象にすることもでき、エージェントをインストールすることでサーバリソースを監視することもできます。 また、監視ユーザーを追加することができ、tag でグルーピングすることによって、確認できるホストを分けることもできます。 外部サービスなので、Plesk からではなくサービスサイトから登録することももちろんできます。 https://www.cloudradar.io/ もう少し使い込んでみないとなんとも言えませんが、この価格なら検討する価値はありそうですね。

  • この秋リリース予定の Plesk Obsidian が無料で試せる!

    ホスティングサービス

    Plesk Obsidian(プレスク オブシディアン)のリリースを直前に、無料トライアルができるサイトが公開されています。 今回のバージョンでの大きな変更点は、 ・WordPressの管理機能の強化 ・セキュリティ強化のために、Mod Security と Fail2ban がデフォルトオンになっている。 ・メールサーバにおける SNI サポート。 などです。 (WordPressの管理機能の強化については、こちらの記事をご参照ください。 ➡ https://www.sthark.com/blog/6823/) ルックアンドフィールの若干の変更はあるものの、大きな違いはないように思いました。 以下のサイトからトライアル版を15日間利用できるので、ご興味がある方は是非試してみてください。 https://www.plesk.com/obsidian-preview/ サイトにアクセスすると、一番下に簡単な登録画面があります。 ここに、名前とメールアドレス、などを入力すれば、メールが届きます。 メールに記載されているコマンドを実行すれば、Plesk Obsidian インストールされます。 sh

MORE

FAQよくある質問

NEWS最新情報

ALL

お知らせ

障害情報

メンテナンス情報

MORE

CONTACT

Flex Mini Cubeに関するお問い合わせ・相談ウェブサーバー専門スタッフが直接対応

03-6704-0779 平日:10:00-18:00 土日祝休み
お問い合わせフォーム