TEL MAIL

価格には理由がある。サービスには物語がある。

使えば伝わる
納得と信頼のSTHARKホスティング

価格は安心の対価。
格安サービスでは実現できない
サポート体制と高品質なサービス。
スペックを並べ立てるだけのサービスではなく、
お客様がビジネスに活用できるサービスに
したいから、
その価値の在り方を
とことん追求していく。

SCROLL

実績に根拠あり!
20年の経験があなたのビジネスを支える

  • 国内初、Pleskサービス化
  • 国内初、仮想化環境をホスティング展開
  • 国内初、Hyperconverged Infrastructure Platformサービス活用
※STHARKホスティングのサービスインフラは、Virtuozzo Hyperconverged Infrastructure Platform を使用しております。

OUR FEATURESSTHARKホスティングの特徴

  • SUPPORT

    サポートチームは全員エンジニア。
    明瞭な回答とソリューションに心躍ります^^

  • SECURITY

    張りぼてではない本物の安心感は、
    スタッフの対応姿勢から生まれます。

  • QUALITY

    お客様とのコミュニケーションを
    大切にするのは、高品質の証です。

SERVICESTHARKホスティングのサービス

わたしたちが提供する
サービスは、
技術者がドキドキワクワクするようなものではなく、
安心して利用者に引き渡せるもの。
多少技術が解らなくてもちゃんと活用できるサービスです。

→サーバエンジニアが運用に悩まされない
→ウェブデザイナーが、苦手なサーバのことを考えなくてすむ
→総務担当がドメインやサーバ証明書のテクノロジーを理解しなくてすむ

そんな当たり前のことと誠実に向き合っている
ホスティングサービスです。

スタークホスティング事業部 事業部長
長岡利幸

お客さまの環境を充実させる
オプションサービス
Domain services

お客さまの環境を充実させる
オプションサービス
SSL services

Pleskのことならお任せください。 PLESK No.1サポート

  • ベンダーも認める
    対応力

    長く扱っているので、
    各バージョンの癖まで知っている

  • 日本で最も長く
    サービスを提供

    経験があるからこそ、
    すべてのケースを解決できる

  • 数少ない
    再販ライセンスを有する

    サーバの設置場所に
    依存しない販売とサポート対応

BLOGSTAHRKブログ

  • WordCamp Haneda 2019(4/20)ブースへのお立寄り、ありがとうございました。

    スタークホスティング×Pleskのブースへお立寄りいただきまして、誠にありがとうございました。 開場時間より、お立寄りいただいた沢山の方々と夢中でお話しておりましたら、あっという間に時間が過ぎており、空腹と棒のようになった足に気が付かないほどでした。。。 皆様方と共に楽しいお時間を過ごさせていただきましたこと、心より感謝申し上げます。 これを機に、わたしどもスタークホスティングチーム(Pleskの中の人含む)は、WordCampのイベントに積極的に参加させていただきたいと思っております。 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。 また、ご質問などございましたらお気軽にご連絡くださいませ。 ブースに立っておりましたメンバーが直接、電話でご案内させていただきます。 ※Plesk WordPress Toolkit をふんだんに活用できる新サービス“Compact Cube”(コンパクトキューブ)の3カ月無料クーポンも、是非ご活用ください!! 【サービスサイト】 https://www.sthark.com/compact-cube/

  • WordCamp Haneda 2019(4/20)出展のお知らせ!

    ホスティングサービス

    スタークホスティングは、Plesk社と一緒に WordCamp Haneda 2019(4/20)に出展します。 WordPress を自由に扱えるPleskの WordPress Toolkit をメインに、新サービスが3カ月無料でご利用いただける特別クーポン券付きセミナーもご案内。 7回に分けてご紹介してきたPleskの WordPress Toolkit がなまで体験できます! 「ブログ読みました」と言っていただければ、個別にご案内させていただきます。 また、今回のWordCamp Haneda 2019出展に合わせて、Plesk WordPress Toolkit をふんだんに活用できる新サービスをリリース。 HA構成の安定したインフラで、クラウドサーバより気軽に WordPress を運用いただけます。 サービス名称は、「小さいけれど機能が詰まってる」という意味を込めて “Compact Cube”(コンパクトキューブ)です。 【サービスサイト】 https://www.sthark.com/compact-cube/ 【WordCamp Haneda 2019】 https://2019.haneda.wordcamp.org/ ご来場をお待ちしてます!

  • Plesk WordPress Toolkit その他の便利機能の紹介

    ホスティングサービス

    6回にわたり、PleskのWordPress Toolkitの機能についてご紹介させていただきましたが、一番お伝えしたいのは「PleskはWordPressの運用・管理における様々な環境変化に対応するのが得意」だということです。 特に複数のWordPressの管理であればなおさら力を発揮します。 規模に関係なくサイトを運用していると様々なトラブルや状況変化に出くわします。 サーバー環境の脆弱性、WordPressやOS・アプリケーションのバージョンアップ、外部からの不正アクセス、ハードウェアの障害、ウェブのリニューアル、運用環境の変化による移行作業などなど。 その度に環境変化に対応していかなければなりません。 もし複数のWordPressを管理しているのであれば、そういった場面で個別にそれぞれ環境別に対応していく必要が出てきてしまいます。 OSやアプリケーションのバージョンが違う、サーバーの管理画面も違う、サポート対応もバラバラな状況で、一定の運用クォリティーを維持していかなければなりません。 そんな時にうれしいのが、複数のWordPressを統合管理できるPleskの存在です。 たとえサーバー環境が異なっていても、同じ管理ツールで統合されていれば管理も楽になりますよね。 逆に、サイトの成長過程に合わせてサーバ環境を変えていくことだってできちゃいます。 リリース直後のアクセスがあまりない時は安いサーバー環境にPlesk。 それなりにアクセスが増えてきたらPleskマイグレーションツールを使って、スペックの高いサーバー環境に移行。 運用の重要性があがり、高い可用性が求められるようになればその環境に。 Pleskを利用することで、サーバー環境の変化に一喜一憂せず、もっとも重要な「みなさんの価値」をお客様に提供することができるのです。 少し前置きが長くなってしまいましたが、ご紹介したもの以外に「使える」便利機能をいくつかご紹介します。 まずは、複数のWordPressのWordPressコアとプラグインのアップデート状況を確認できるツール いつも通りPlesk左メニューの「WordPress」をクリックします。 WordPressで管理しているサイト一覧が表示されますので、下の画像のようにタブ下にあるメニューの「アップデート」をクリックします。 このように、サイトごとにWordPressコアとプラグインのアップデート状況を確認することができます。 チェックボタンを入れ、左上の「アップデート」をクリックすれば、ここからすぐにアップデートすることもできます。 「詳細」をクリックすれば、前回ご紹介した細やかなアップデートを行うこともできます。 続いてこちら。 個々のサイトごとに表示されているスイッチです。 ひとつずつご紹介していきます。 【検索エンジンインデックス化】 リリース前や検証サイトとして利用する際、このオプションを無効にして検索エンジンの検索結果にこのウェブサイトが表示されないようにします。これにより、ウェブサイトのヘッダに “noindex, nofollow” タグが追加され、仮想 robots.txt ファイルに Disallow ディレクティブが追加されます。 【キャッシング(nginx)】 ウェブサイトに対して nginx ベースのキャッシングを有効にして、ウェブサイトのパフォーマンスと読み込み時間を大幅に向上させます。キャッシュ設定はデフォルトで既に最適化されていますが、該当ドメインの[Apache と nginx の設定]ページでいつでも変更できます。 【メンテナンスモード】 メンテナンスモードをオンにすると、ウェブサイトのコンテンツではなくメンテナンス画面が表示されます。 また、WordPress インスタンスの更新中や WordPress Toolkit 経由での WordPress インスタンスの同期中は、WordPress ウェブサイトが自動的にメンテナンスモードになります。 【デバッグ】 WordPressのデバッグツールを管理できるものです。 【パスワード保護】 ベーシック認証を簡単に設定することができます。 このようにPleskは、様々なサイトのフェーズや状況に合わせ、一元管理することができる便利なサーバー管理ツールです。

  • PleskでWordPressのアップデートをしてみた

    ホスティングサービス

    前回はWordPressのセキュリティチェックとセキュリティ対策をご案内しましたが、今回はその下に表示されているアップデートをやってみたいと思います。 今回は黄色い表示「適用可能」になってますね。 前回と同じように、右側にある「表示」をクリックします。 下の画像のように、WordPressコア、プラグイン、テーマのアップデート一覧が表示されます。 使用していないテーマでもインストールしてしまっているとアップデート警告が出ますので、使わなくなったテーマなどは削除してしまった方が良いかもしれませんね。 個別に選択したければ、アップデートしたいものだけチェックを入れます。 すべて選択したいのであれば、画像のように左上にある「すべてアップデートを選択」にチェックを入れます。 WordPressコアのところの、「復元ポイント」という青いチェックボックスがありますが、ロールバックが不要ということであれば、チェックを外してしまってください。 チェックを入れておけば、万が一の時、WordPressコアだけはこの復元ポイントにロールバックすることができます。 選択ができたら、アップデートボタンをクリック。 こんな感じでアップデートがはじまります。 さて、上の画像の右上に「Smart Update」というのがありますが、Pleskが独自に開発した「AI アップデート機能」です。 「$」マークがついておりますが、有償の機能であることを意味してます。 この機能は、アップデートを行う際にスタイルの崩れなどを事前に判別してくれる優れものです。 クリックするとこのような画面が別ウィンドウで開いて購入することができますので、ご興味があればためしてみてください。 話がそれてしまいましたが、アップデートは下の画面が出て終了となります。 この画面をクローズすると、 ご覧のとおり、アップデートの状態が「インストール済み」に変わり、色も緑になってます。 参考までに、先ほどご案内した「復元ポイント」へのロールバックは、下の画像の通り「復元」をクリックすると実行することができます。 このようなポップアップが表示されますので、「続行」をクリックすると作業が始まります。 これで復元ポイントへのロールバック完了です。 プラグインをたくさん利用していて、バージョンアップの際に互換性が気になるようであれば、以前のブログ「WordPressをアップデートする際に、Pleskのステージング機能を活用してみた」で紹介したステージング機能をご利用いただくと安心してアップデート作業を行うことができます。 それでは今日はこのへんで。 みなさん、あとあと苦労しないように、ちゃんとセキュリティ対策とアップデートはしておきましょうね。

  • WordCamp Haneda 2019(4/20)ブースへのお立寄り、ありがとうございました。

    スタークホスティング×Pleskのブースへお立寄りいただきまして、誠にありがとうございました。 開場時間より、お立寄りいただいた沢山の方々と夢中でお話しておりましたら、あっという間に時間が過ぎており、空腹と棒のようになった足に気が付かないほどでした。。。 皆様方と共に楽しいお時間を過ごさせていただきましたこと、心より感謝申し上げます。 これを機に、わたしどもスタークホスティングチーム(Pleskの中の人含む)は、WordCampのイベントに積極的に参加させていただきたいと思っております。 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。 また、ご質問などございましたらお気軽にご連絡くださいませ。 ブースに立っておりましたメンバーが直接、電話でご案内させていただきます。 ※Plesk WordPress Toolkit をふんだんに活用できる新サービス“Compact Cube”(コンパクトキューブ)の3カ月無料クーポンも、是非ご活用ください!! 【サービスサイト】 https://www.sthark.com/compact-cube/

  • WordCamp Haneda 2019(4/20)出展のお知らせ!

    ホスティングサービス

    スタークホスティングは、Plesk社と一緒に WordCamp Haneda 2019(4/20)に出展します。 WordPress を自由に扱えるPleskの WordPress Toolkit をメインに、新サービスが3カ月無料でご利用いただける特別クーポン券付きセミナーもご案内。 7回に分けてご紹介してきたPleskの WordPress Toolkit がなまで体験できます! 「ブログ読みました」と言っていただければ、個別にご案内させていただきます。 また、今回のWordCamp Haneda 2019出展に合わせて、Plesk WordPress Toolkit をふんだんに活用できる新サービスをリリース。 HA構成の安定したインフラで、クラウドサーバより気軽に WordPress を運用いただけます。 サービス名称は、「小さいけれど機能が詰まってる」という意味を込めて “Compact Cube”(コンパクトキューブ)です。 【サービスサイト】 https://www.sthark.com/compact-cube/ 【WordCamp Haneda 2019】 https://2019.haneda.wordcamp.org/ ご来場をお待ちしてます!

  • Plesk WordPress Toolkit その他の便利機能の紹介

    ホスティングサービス

    6回にわたり、PleskのWordPress Toolkitの機能についてご紹介させていただきましたが、一番お伝えしたいのは「PleskはWordPressの運用・管理における様々な環境変化に対応するのが得意」だということです。 特に複数のWordPressの管理であればなおさら力を発揮します。 規模に関係なくサイトを運用していると様々なトラブルや状況変化に出くわします。 サーバー環境の脆弱性、WordPressやOS・アプリケーションのバージョンアップ、外部からの不正アクセス、ハードウェアの障害、ウェブのリニューアル、運用環境の変化による移行作業などなど。 その度に環境変化に対応していかなければなりません。 もし複数のWordPressを管理しているのであれば、そういった場面で個別にそれぞれ環境別に対応していく必要が出てきてしまいます。 OSやアプリケーションのバージョンが違う、サーバーの管理画面も違う、サポート対応もバラバラな状況で、一定の運用クォリティーを維持していかなければなりません。 そんな時にうれしいのが、複数のWordPressを統合管理できるPleskの存在です。 たとえサーバー環境が異なっていても、同じ管理ツールで統合されていれば管理も楽になりますよね。 逆に、サイトの成長過程に合わせてサーバ環境を変えていくことだってできちゃいます。 リリース直後のアクセスがあまりない時は安いサーバー環境にPlesk。 それなりにアクセスが増えてきたらPleskマイグレーションツールを使って、スペックの高いサーバー環境に移行。 運用の重要性があがり、高い可用性が求められるようになればその環境に。 Pleskを利用することで、サーバー環境の変化に一喜一憂せず、もっとも重要な「みなさんの価値」をお客様に提供することができるのです。 少し前置きが長くなってしまいましたが、ご紹介したもの以外に「使える」便利機能をいくつかご紹介します。 まずは、複数のWordPressのWordPressコアとプラグインのアップデート状況を確認できるツール いつも通りPlesk左メニューの「WordPress」をクリックします。 WordPressで管理しているサイト一覧が表示されますので、下の画像のようにタブ下にあるメニューの「アップデート」をクリックします。 このように、サイトごとにWordPressコアとプラグインのアップデート状況を確認することができます。 チェックボタンを入れ、左上の「アップデート」をクリックすれば、ここからすぐにアップデートすることもできます。 「詳細」をクリックすれば、前回ご紹介した細やかなアップデートを行うこともできます。 続いてこちら。 個々のサイトごとに表示されているスイッチです。 ひとつずつご紹介していきます。 【検索エンジンインデックス化】 リリース前や検証サイトとして利用する際、このオプションを無効にして検索エンジンの検索結果にこのウェブサイトが表示されないようにします。これにより、ウェブサイトのヘッダに “noindex, nofollow” タグが追加され、仮想 robots.txt ファイルに Disallow ディレクティブが追加されます。 【キャッシング(nginx)】 ウェブサイトに対して nginx ベースのキャッシングを有効にして、ウェブサイトのパフォーマンスと読み込み時間を大幅に向上させます。キャッシュ設定はデフォルトで既に最適化されていますが、該当ドメインの[Apache と nginx の設定]ページでいつでも変更できます。 【メンテナンスモード】 メンテナンスモードをオンにすると、ウェブサイトのコンテンツではなくメンテナンス画面が表示されます。 また、WordPress インスタンスの更新中や WordPress Toolkit 経由での WordPress インスタンスの同期中は、WordPress ウェブサイトが自動的にメンテナンスモードになります。 【デバッグ】 WordPressのデバッグツールを管理できるものです。 【パスワード保護】 ベーシック認証を簡単に設定することができます。 このようにPleskは、様々なサイトのフェーズや状況に合わせ、一元管理することができる便利なサーバー管理ツールです。

  • PleskでWordPressのアップデートをしてみた

    ホスティングサービス

    前回はWordPressのセキュリティチェックとセキュリティ対策をご案内しましたが、今回はその下に表示されているアップデートをやってみたいと思います。 今回は黄色い表示「適用可能」になってますね。 前回と同じように、右側にある「表示」をクリックします。 下の画像のように、WordPressコア、プラグイン、テーマのアップデート一覧が表示されます。 使用していないテーマでもインストールしてしまっているとアップデート警告が出ますので、使わなくなったテーマなどは削除してしまった方が良いかもしれませんね。 個別に選択したければ、アップデートしたいものだけチェックを入れます。 すべて選択したいのであれば、画像のように左上にある「すべてアップデートを選択」にチェックを入れます。 WordPressコアのところの、「復元ポイント」という青いチェックボックスがありますが、ロールバックが不要ということであれば、チェックを外してしまってください。 チェックを入れておけば、万が一の時、WordPressコアだけはこの復元ポイントにロールバックすることができます。 選択ができたら、アップデートボタンをクリック。 こんな感じでアップデートがはじまります。 さて、上の画像の右上に「Smart Update」というのがありますが、Pleskが独自に開発した「AI アップデート機能」です。 「$」マークがついておりますが、有償の機能であることを意味してます。 この機能は、アップデートを行う際にスタイルの崩れなどを事前に判別してくれる優れものです。 クリックするとこのような画面が別ウィンドウで開いて購入することができますので、ご興味があればためしてみてください。 話がそれてしまいましたが、アップデートは下の画面が出て終了となります。 この画面をクローズすると、 ご覧のとおり、アップデートの状態が「インストール済み」に変わり、色も緑になってます。 参考までに、先ほどご案内した「復元ポイント」へのロールバックは、下の画像の通り「復元」をクリックすると実行することができます。 このようなポップアップが表示されますので、「続行」をクリックすると作業が始まります。 これで復元ポイントへのロールバック完了です。 プラグインをたくさん利用していて、バージョンアップの際に互換性が気になるようであれば、以前のブログ「WordPressをアップデートする際に、Pleskのステージング機能を活用してみた」で紹介したステージング機能をご利用いただくと安心してアップデート作業を行うことができます。 それでは今日はこのへんで。 みなさん、あとあと苦労しないように、ちゃんとセキュリティ対策とアップデートはしておきましょうね。

MORE

FAQよくある質問

NEWS最新情報

ALL

お知らせ

障害情報

メンテナンス情報

MORE

CONTACT

Flex Mini Cubeに関するお問い合わせ・相談ウェブサーバー専門スタッフが直接対応

03-6704-0779 平日:9:00-18:00 土日祝休み
お問い合わせフォーム