TEL MAIL

STHARKブログ

  • Plesk の無料 Extensions Mail Importing を使ってメールデータをインポートしてみた。

    ホスティングサービス

    「Plesk の Extensions を活用して、WordPress でつくったサイトを移行してみた」 ここで紹介した「Site Import」というPleskの無料 Extensions ですが、 実は、「Mail Importing」というのも付いてきます! ブログのためにいろんな環境のPleskを見ていると、 「あれ?あんな機能があったはずなのに・・・」と、どこかの Plesk には装備されていて、 実際に「使ってみたい」と思ったときに見つからない。なんてことがたまにあります。 そんな自分のためにも、ちゃんと記録として残しておきたいと思います。 冒頭の「Mail Importing」が、今回のそれです。 お客様からのご要望で、MT から WordPress への乗換えをご支援させていただいているときに、いくつかの方法を提案させていただきました。 ・下位のディレクトリに WordPress の環境をつくり、リリースの際にドキュメントルートを変更する。 ・サブドメインを作成し、そこで WordPress 環境を構築。リリースの際は構築用サブドメインを運用ドメイン名に変更して公開。 ・または、リリースの際にウェブサイトコピー機能を使って WordPress 環境で上書き。 簡単かつ安心な方法でやりたいリニューアルですが、それぞれできる事が違い、やらなければいけない作業も変わってきます。 最初のドキュメントルート変更では、php のバージョンを現行バージョンから変えることができません。 ドメイン名を変更してリリースさせる場合は、ドメイン名といっしょにメールの@以降も変わってしまいます。 この場合は、将来的に@ドメイン名に昇格させるサブドメイン側にも、いま利用しているメールアカウントを作成しておいてあげないとダメですし、メールの運用上メールボックスが新旧2つできてしまうことも頭に入れておかないといけません。 最終的には、Plesk のウェブサイトコピー機能をフルに活用して、現行サイトをサブドメインにバックアップし、新サイトを現行ドメインにウェブサイトコピー(上書き)してサイトをリニューアルさせました。 ※サイトコピーの際、データベースの割り当ても適切に変更する必要がありますのでご注意ください。 安全だしエンドユーザー様の手間もあまりかかりませんが、Plesk 管理者の作業が増え緊張も高まりますね。 今回はこの移行ネタではなく、この時に感じた「あれ?あんな機能があったはずなのに・・・」です。 (もしご興味があれば、ウェブサイトのリニューアルに関わるネタは日を改めて書かせていただきます。) 移行作業におけるお客様のご要望とご期待に応えるため、むしろその期待値を越えるために、前述の提案内容をまとめるまでに様々な検証を行いました。 その際に、視界の片隅に映っていたアイコンが「Mail Importing」です。 WordPress を軸に、ウェブサイト中心で考えてしまうことが多いのですが、やはりメールも重要なツールです。 ウェブもメールも安全に移行できるのであれば、Plesk 最強のポジションは揺ぎ無いものなると個人的には感じてしまいます。 さて、はじめてみます。 左メニュー「ウェブサイトとドメイン」の「Mail Importing」のアイコンをクリックします。 「Import mail messages」をクリック ここにメールアカウント情報を入力して「OK」ボタンをクリックします。 すでに移行先メールアカウントを作成している場合は、Destination e-mail のプルダウンメニューに表示されますので、そこから選択します。作成していなければ create a new mailbox を選択します。 通信状況にもよるのでしょうが、実測値で10,000通を15分程度でコピーしてきます。 終わるとこの画面になりますが、Re-sync(再同期)があるのがうれしいですね。 ちなみに、Mail Importing の設定のところで「Show advanced options」をクリックすると、ソースホストをIPで指定することもできます。 IP で設定しておけば、DNS の切替えのタイミングを気にせず、しっかり差分まで同期できます。 メールデータは521 MB、25分程度で完了しました。 ちょっと呆気ない感じですが、 簡単にメールサーバも移行可能ということですね。 Plesk すごいですねぇ~ 【編集後記】 今回の記事で検証したメール移行ですが、実際に使用しているメールアカウントで試してみました。 「DNS の切替えのタイミングを気にせず、簡単に移行できます」と言い切りましたからね ^^ 実はこれ、前回のブログでちょっと触れましたが、大手ホスティング会社の大型メンテナンスの影響を受けて「サーバ移さなきゃいけない」という状況が背景にあります。 どんな環境へも移行が簡単な Plesk に乗換えておけば、今後のそういったことへの対策にもなります。 ブログにも記載しました「Show advanced options」を開き、Source IMAP host に現在利用しているメールサーバの IP を入力。

  • cPanelで管理しているドメインを、まるっとPleskへ移行してみた!

    ホスティングサービス

    今回の検証のきっかけは、こんな記事でした。 Announcing Account Based Pricing | cPanel Blog cPanel のライセンス値上げのアナウンスです。 かっこいい表現でまとめていますが、大幅な値上げです。 ライセンスの種類によっては、数百パーセントから数千パーセントの値上げになるようです。 ちょっと露骨ですが、これをきっかけに Plesk への乗換えを検討される方もいらっしゃるのではないかと・・・ とはいえ cPanel も良いツールです。 Plesk同様 様々な開発がすすめられ、様々な機能が追加されていますね。 ということで、cPanel についても簡単に紹介させていただきながら、以下の順で Plesk への移行をご紹介させていただきます。 cPanel のインストール WHM(Web Host Manager)、cPanel のインターフェイス Plesk 移行・移管マネージャによる cPanel からの移行   今回もまた「とある有名なVPS」を活用させていただき、cPanel をインストールしていきます。 コマンドはこれだけです。 cd /home && curl -o latest -L https://securedownloads.cpanel.net/latest && sh latest しかし、いきなりこのように怒られてしまったので、NetworkManager を止めてリトライ。 cPanel does not support NetworkManager enabled systems. The installation cannot proceed. 今度はうまくいっているようです。 無事、インストール完了です。 最後に表示されているように、https://(IPアドレス):2087、または https://(ホスト名):2087 で WHM(Web Host Manager)にアクセスします。 ここでユーザーを作成すると、cPanel へアクセスできるようになります。 ちなみにWHMにログインするとこんな感じです。 (WHM 管理画面) WHM は、ホスティング環境を提供するための、様々なサーバ上の環境設定ができるコントロールパネルです。 WHM でユーザを作成し、cPanel にアクセスします。 (cPanel 管理画面) 今回見てみたいのは、やはりこちら。WordPress の機能ですね! ちょっと慣れるのに時間はかかりそうですが、インストール機能としては Plesk 同様のものです。 じっくり見てみたいところではありますが、cPanel の紹介はこの辺にして先を急ぎます。 cPanel 上で、いくつかのドメインと WordPress 環境、メールアカウントを作成して、お馴染みの Plesk 管理画面に移ります。 「ツールと設定」→「ツールとリソース」です。 (Plesk 管理画面) 移行・移管マネージャをクリックすると、「移行を新規開始」というボタンが表示されますが、ここからスタートです。

  • Pleskの自動アップデートに関する動作ポリシーの変更について

    Plesk

    Plesk Onyx 17.x から Plesk Onyx 17.8 への自動アップデートを開始することとなりました。 その結果、Plesk Onyx サーバは最新のものになり、最新の修正、特にセキュリティ修正と最新のすべての機能が追加されます。 という書き出しの案内メールが Plesk 社より5月中旬に届きました。 ポジティブな表現ばかりを並べた、なんとも日本っぽくない書き出しですよね。。 このメールは、”すでに OnlineStore から購入された Plesk Onyx 17.0 と Plesk Onyx 17.5 にはこのポリシーが適用され、「好評価をいただいております」”と、文章が続きます。 この後、私どもを含めたパートナーが保有する Plesk Onyx 17.x が自動アップデートの対象となっていくわけですが、以下のスケジュールで実施されます。 「Plesk リリース階層」の設定順に、 「アーリーアダプタリリース 」:6月~7月に実施 「ジェネラルリリース」:7月~9月に実施 「レイトアダプタリリース 」:10月~11月に実施 となります。 この「Plesk リリース階層」設定は、Plesk の管理画面の「ツールと設定」、カテゴリ「Plesk」の「アップデートとアップグレードの設定」から確認できます。 この場合、ジェネラルリリースになっているので、7月~9月に実施されることになります。 今回は、このアップデートによって、どんな影響があるのかを検証してみます。 【ご注意】 今回は検証サーバでアップグレードを試していますが、すでに運用中のサーバの場合、必ずバックアップをとってから実施することをお勧めいたします。 Plesk にログインすると、すでに「Plesk Onyx 17.8.11 にアップグレードできます。」というインフォメーションを見つけることができます。 「いますぐインストール」の横に「新機能を表示」があります。 ここから見てみましょう。 興味深いのが、WordPress Toolkit 4.1.0。 前回ブログで紹介させていただいた外部サーバにある WordPress へリモートアクセスし、バージョン管理、アップデートが行える機能が、 root アクセスではなく、WordPress の管理者アカウントで行えるようになった点です。 前回のブログは、こちらをご参照ください。https://www.sthark.com/blog/6823/ これは、root 権限がない共用サーバで管理している WordPress へのリモートアクセスが可能になるということです。 「これは面白い!」 さっそく Plesk を 17.8.11 にアップグレードしてみましょう。 さきほど見かけた「今すぐインストール」をクリックします。 ページが表示されるまで少し時間がかかりますが、じっくり待ちます。 「製品のインストールまたはアップグレード」をクリック。 「Plesk Onyx 17.8.11」が選択されてますので、そのまま「続ける」をクリック。 Plesk pre-upgrade check WARNING: There are custom web server configuration templates at /usr/local/psa/admin/conf/templates/custom. These custom templates might be incompatible with

  • Plesk から操作できる Cloud Linux の LVE Manager を試してみた!

    ホスティングサービス

    LVE Manager とは、Cloud Linux 上で管理されるバーチャルドメイン毎に CPU や IO、メモリ、iノード、プロセス数などのリソースを細かく制御できるコントロールパネルです。 Plesk をサービスの顔として採用したいとご相談をいただいている方から、最近 Cloud Linux について相談を受けたのがきっかけでした。 STHARK ホスティングで提供しているサービスは、基本的に Virtuozzo の仮想化基盤上に HA 構成で組み上げているのですが、その方は Cloud Linux をベースにサービスを運用されていらっしゃいます。 調べてみると、Cloud Linux + Plesk という組み合わせは非常に相性が良く、たくさんのドメインを管理するという意味では完璧な組み合わせです。 検証してみたところ、Virtuozzo の最新バージョン上で Cloud Linux を動かすことはできたのですが、Cloud Linux + Plesk の組み合わせがとても気になって、実際に試してみることにしました。 Cloud Linux + Plesk を調べている際に、この組み合わせを提供している某ホスティング会社のサービスを見つけることができたので、手っ取り早くさくっと申し込んで試してみることに。。。 このサービスでは、Plesk で Cloud Linux の持ち味を活かすための LVE Manager というものがインストールされていなかったので、ここからご紹介させていただきます。 インストールは以下のコマンドを打つだけの簡単なものです。 yum install lvemanager サーバ環境によっては多少時間がかかりますが、コマンドを打ったらインストールが完了するまで待つだけです。 インストールが完了すると、おなじみのメニューに LVE Manager が追加されます。(サービスプロバイダビューの場合) ※パワーユーザビュー場合は、「拡張」>「自分の拡張」>LVE Managerの「拡張に移動」となります クリックすると初期セットアップが始まります。 セットアップの設定項目は4つ。 CageFS は、同居するドメイン同士の負荷などの影響をなくし、ドメイン毎のリソース制御を実現するVPSライクな運用を可能にする Cloud Linux 一番のうま味なのでしっかりと活用しましょう。 LSAPI は PHP を高速化させる LiteSpeed の PHP なので、入れておいて損はないと思います。 MySQL Governor はこの画面からはインストールできないようなので、今回は無視します。 PHP Selector の詳細設定は、インストール後にLVEマネージャの設定で利用可能になりますので、とりあえず適当に。。。 こんな感じでセットアップしてみます。 インストールがはじまり、、 完了します。 ドメイン毎にトラフィックスピード、メモリ、ディスクIOとスピード、プロセス数などを管理できるようになります。 表示されているリストの右隅、えんぴつマークをクリックすると、これらの数値(上限)を設定できます。 バーチャルドメインで数百、数千という数を扱うのであれば、とても活用できるものだと思います。 以前の共用サーバでは、1つのドメインの負荷があがると、サーバ全体に影響を及ぼしていましたが、これがあればドメイン単位で制御できます。 なかなか期待値は高いですね。 サービス展開も検討しておりますので、なにかあればお気軽にご相談ください!

  • マルウェアのスキャン機能、ImunifyAV(無料版) を試してみた。

    ホスティングサービス

    WordPress に関する相談でよくあるのが、 ・不正なメールを一斉送信するプログラムを設置されてしまった ・不正なプラグインをインストールされ、閲覧したユーザーがフィッシングサイトに飛ばされるようになった ・知らないうちに怪しい広告がウェブサイトに表示されるようになってしまった などです。 WordPress のバージョン管理やセキュリティ設定をちゃんとやっていれば心配ないお話なのですが、「WordPress のセキュリティ診断ツール」について書いた記事にもあるように、WordPress ユーザーの半分近くがバージョン管理をしておらず、ハッキングされる CMS の90% が WordPress であるという事実から捉えると、この問題は起こるべくして起きているとしかいいようがありません。 まぁ、Plesk の WordPress Toolkit を活用する。 というのが一番いいとは思うのですが、Plesk にはマルウェアをスキャンする機能が提供されております。 それが ImunifyAV です。正確に言うと、Plesk の機能として提供されているものではなく、サードパーティーからの提供となります。 無料版ではファイルをスキャンして、悪質なコードを識別、Webサイト上の問題を通知してくれるだけになりますが、有償版ではそれをワンクリックで駆除することができるようです。 有償版といっても、サーバーあたり月額700円程度なので、安心のための保険としては安いのではないでしょうか。 サービスをご利用でない方も購入いただくことができるので、ご興味があればこちらご参照ください。 https://www.sthark.com/plesk-extensions/ さて、それでは無償版の設定について見ていきましょう。 真ん中の列の一番下に「ImunifyAV」というのがあるので、これをクリック。 Plesk に設定されているドメイン一覧が確認できます。 左上の「すべてスキャン」か、ドメイン名の横にある「スキャン」、どちらかをクリックします。 今回はドメイン名の横にある「スキャン」をクリックしてみます。 このようにスキャンがはじまり、5分~10分程度で終了しました。 状態のところが「クリーン」に変わり、安全であることが確認できます。 次に上のタブの「設定」を開いてみます。 $マークのところが有償版での提供となるわけですが、無償版ではスキャンスケジュールが「マンスリー」か「しない」の選択しかありません。また、検知した際の「駆除」も有償版での提供となります。 とはいえ、無償版でもそれなりの機能がご利用いただけますね。 製品情報のところでは、マルウェアデータベースの更新が行えます。 拍子抜けするくらい簡単でシンプルですね。 ただ、バージョン管理もそうですが、ちゃんと管理されていることがとても重要なのです。 簡単だからこそ、ちゃんと継続して管理することもできますよね ^^

  • 外の WordPress にリモートアクセスしてセキュリティチェックやバージョン管理、アップデートができる、秋に公開予定の Plesk Obsidian を試してみた!

    ホスティングサービス

    みなさん、こんにちは。 Plesk 推しの記事ばかりになってなってしまっていますが、、、 昔、ホスティングサービス市場が一気に成長した火付け役となった、Sun による Cobalt アプライアンスサーバ時代から様々なコンパネを見てきましたが、今の Plesk は個人的に最高だと思います。 ほとんどのサービスもプロダクトも、排他的な思考から他のサービスやツールとの相性が悪いものばかりでした。 ところが最近の Plesk は、WordPress Toolkit をはじめ様々な外のツールやサービスとの連携が強化されています。 まぁ、最近のホスティングサービスであれば、このあたりは実装されているものも多く見られるようになってきましたが、決定的に違う視点がサーバーの場所を選ばないというところです。 もちろん要件を満たしている必要はありますが、基本的に root 権限の持てるものであれば、どのホスティングサービスを利用しても活用できる点にあると思います。 今回ご紹介する、秋にリリース予定の Plesk Obsidian では、WordPress の運用にとても活用できる WordPress Toolkit を、リモートで外の WordPress を管理できるように機能向上させてきたのです。 想像してみてください。 そのサーバー自体で管理されている WordPress だけではなく、外で管理している WordPress も。WordPress Toolkit を介してセキュリティー状況やバージョン管理。これらの対処やアップデート作業に至るまで、一元管理することができるのです。 前置きが長くなってしまいましたが、Plesk Obsidian の WordPress Toolkit をご紹介していきます。 まだリリース前なので、以前ご紹介した Plesk ウェブインストーラーはご利用いただけません。 以下のコマンドでインストーラーをもってきます。 # wget http://autoinstall.plesk.com/plesk-installer さくっと Plesk インストーラーを持ってきてくれます。 all-versions のオプションをつけてインストーラーを実行します。 # sh ./plesk-installer --all-versions 一応確認画面が出ますので、”F” の Go forward を選択して先に進みます。 次に Plesk のバージョンを選択します。 デフォルトで Plesk Obsidian 18.0.14 が選択されているので、このまま “F” を入力して先に進みます。 以降、いくつかの確認が出力されますが、基本的にデフォルトのままで “F” を選択して先に進むと、いよいよインストールがはじまります。 インストール完了画面に URL が出力されるので、アクセスして Plesk の初期設定を完了させます。 この際にライセンス(activation code)が必要になりますので、予めご準備ください。 ドメインの設定が完了すれば、見慣れた Plesk の画面が現れます。 ここでは特筆するような変化はないので、早速 WordPress Toolkit を見てみます。 ありますね! サーバ[ベータ] ってのが。 「サーバ追加」をクリックすると、横からサーバー情報の入力ページが現れます。 ここに、IP アドレスと SSHユーザー名・パスワードを入力して開始のボタンを押すと、 リモートで対象サーバにアクセスし、情報を収集してきます。 リモート管理するサーバーのホスト(またはIPアドレス)が追加されます。

  • Plesk社がつくった、WordPressのセキュリティ診断ツールを試してみた

    ホスティングサービス

    今回は、Plesk社が開発した WPchk という、WordPressの診断ツールについてご紹介します。 対象が Linux サーバであり、ルート権限をお持ちであることが条件になってしまいますが、前回のブログで Plesk のウェブインストーラの検証したサーバーで試してみたいと思います。 ※WordPressのセキュリティ管理について、こんな気になる資料もあります・・・ ・2018年にハッキングされたCMSのうち、90%がWordPressであった。 ・44%のWordPressがアップデートされていない。 あなたの WordPress は大丈夫? さて、さっそく試してみたいと思いますが、あまりコマンドが得意でない人でも、sshでサーバーにログインしたことがある人ならとても簡単な操作です。 1)GitからWordPressの診断ツールをダウンロード sh <(curl https://raw.githubusercontent.com/plesk/wpchk/master/installer) 2)WordPress診断ツールを実行 wpchk これだけです。 それでは早速サーバーに ssh でログインします。 1)のコマンドを実行 問題なくダウンロード完了。 続いて wpchk と打つだけ! このように、サーバー内のWordPressを検出して、バージョンやセキュリティの設定について指摘してくれます。 しかし問題はこれからです。 ダッシュボードでのファイル編集権限、pingback設定、CONCATENATE_SCRIPTSの設定。 もちろん利便性を上げるためのものもありますが、一番問題なのはWordPress やプラグインのバージョン管理も含めて、これらがちゃんと管理されていないことです。 1つの WordPress を管理することだけがお仕事なら、じっくり考えてそれぞれ対応していけばいいのですが、複数の WordPress を管理していたり、WordPress の管理以外にたくさんの業務をこなしていたりする人が大半なのではないでしょうか。 (ブログのくだりがいつも同じになってしまいますが・・・) そこで、Plesk です。 サーバー内に構築した、複数の WordPress のバージョンやセキュリティレベルを一括でチェックし管理することができるのです。 Plesk にご興味のある方は、いつでもお気軽にご相談ください! サービスの料金が安いことももちろん重要かもそれませんが、様々な状況とその変化を想定した時の大きな価値も含めて、コストパフォーマンスの良いサービスを選べると良いですね ^^

  • とある有名なVPSにPlesk Web Installerを使ってPleskをインストールしてみた

    ホスティングサービス

    みなさんこんにちは! 先日twitterで「Pleskのウェブインストーラー https://get.plesk.com/?web-installer サーバアドレスとrootパスワードを入力するだけでPleskがインストールできるようだ。 近日試してみますので、お楽しみに!」 と、予告したので、今回試してみました。 個人的によくつかっている、とてもポピュラーなVPSをさくっと立てて試してみます。 Plesk的には、メモリは2GB程度あった方が良いのだそうだけれど、今回は1GBで試してみます。 VPSが立ち上がったら、さっそくPleskのウェブインストーラーにアクセスしてみます。 画面のように、入力項目はとてもシンプル。 サーバのIPアドレス、またはホスト名を入力して、SSHのログイン情報を入れるだけ。 [CONTINUE]ボタンを押して、Plesk Privacy Policyにチェックを入れ[INSTALL]ボタンをクリックするだけ! 必要なパッケージをすべて自動で入れてくれます。 スペックやトラフィックの状態にもよるのだろうけど、今回は15分程度でインストールが完了しました。 インストールが完了すると、このようにPleskへのログインが可能になります。 ログインするとすぐにPleskのライセンスが必要になるので、予め準備しておくよ良いですね。 もちろん弊社でも取り扱っておりますので、お気軽にご連絡ください ^^ Plesk ライセンス販売:https://www.sthark.com/plesk-licensekey/ ご覧のようにメールアドレス、パスワード、PleskのActivation codeを入力すればOKです。 初期設定が完了して、運用ドメインを追加すればすぐにPleskが使えるようになります。 たったこれだけで、必要とされるサポートの大半が解決され、 WordPressのインストール、管理、運用が楽になり、 WordPressのステージングサイトがクリックひとつでつくれ、 本番環境への反映もクリックひとつ。 バックアップが簡単にとれ、 他のサーバへの移行も楽になる。 実は、Pleskで運用していないサーバからインポートすることもできるんですっ! 詳しくはこちらの記事を:https://www.sthark.com/blog/5664/ ご興味のある方は、いつでもお気軽にご相談ください!

  • WordCamp Haneda 2019(4/20)ブースへのお立寄り、ありがとうございました。

    ホスティングサービス

    スタークホスティング×Pleskのブースへお立寄りいただきまして、誠にありがとうございました。 開場時間より、お立寄りいただいた沢山の方々と夢中でお話しておりましたら、あっという間に時間が過ぎており、空腹と棒のようになった足に気が付かないほどでした。。。 皆様方と共に楽しいお時間を過ごさせていただきましたこと、心より感謝申し上げます。 これを機に、わたしどもスタークホスティングチーム(Pleskの中の人含む)は、WordCampのイベントに積極的に参加させていただきたいと思っております。 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。 また、ご質問などございましたらお気軽にご連絡くださいませ。 ブースに立っておりましたメンバーが直接、電話でご案内させていただきます。 ※Plesk WordPress Toolkit をふんだんに活用できる新サービス“Compact Cube”(コンパクトキューブ)の3カ月無料クーポンも、是非ご活用ください!! 【サービスサイト】 https://www.sthark.com/compact-cube/

  • WordCamp Haneda 2019(4/20)出展のお知らせ!

    ホスティングサービス

    スタークホスティングは、Plesk社と一緒に WordCamp Haneda 2019(4/20)に出展します。 WordPress を自由に扱えるPleskの WordPress Toolkit をメインに、新サービスが3カ月無料でご利用いただける特別クーポン券付きセミナーもご案内。 7回に分けてご紹介してきたPleskの WordPress Toolkit がなまで体験できます! 「ブログ読みました」と言っていただければ、個別にご案内させていただきます。 また、今回のWordCamp Haneda 2019出展に合わせて、Plesk WordPress Toolkit をふんだんに活用できる新サービスをリリース。 HA構成の安定したインフラで、クラウドサーバより気軽に WordPress を運用いただけます。 サービス名称は、「小さいけれど機能が詰まってる」という意味を込めて “Compact Cube”(コンパクトキューブ)です。 【サービスサイト】 https://www.sthark.com/compact-cube/ 【WordCamp Haneda 2019】 https://2019.haneda.wordcamp.org/ ご来場をお待ちしてます!

CONTACT

Flex Mini Cubeに関するお問い合わせ・相談ウェブサーバー専門スタッフが直接対応

03-6704-0779 平日:10:00-18:00 土日祝休み
お問い合わせフォーム