TEL MAIL

STHARKブログ

  • Cent OS 8 に Plesk はインストールできるのか!?

    ホスティングサービス

    結論からいうと、ダメでした・・・ 以前ご紹介した Plesk(プレスク)のウェブインストールツール あきらめ半分、期待半分でサーバ情報を入力し、「CONTINUE」をクリック。 瞬間でこの画面に切り替わりました。 「このOSは対応していません」 まぁ、当然といえば当然です。 先月、『CentOS 開発チームは9月24日、Red Hat Enterprise Linux クローンの最新版「CentOS 8.0.1905」を公開した』というニュースが出てまだ2週間です。 いくら Plesk の開発チームが優秀だからといって、こんなに早く対応できるわけがありません。 それでもこの短期間で、CentOS 8 をサービス環境として提供しているところがあります。 (残念ながら当社はまだ準備が整っておりません) そうです。このブログでも何度かお世話になっているあの会社です。 いったんできあがってきた VPS に CentOS 8 を再インストールする形になります。 言語と ベースの環境と Add-On を選択し デバイスを選択 インストールがはじまります この間に root のパスワードを設定 この通り、CentOS 8 環境が立ち上がります。 ただ、やはりここからいろいろ理解して、運用していくのは難しいですね。 しかも今回はミドルウェアのバージョンも大きく異なり、コマンドやファイアウォールの仕様まで変更されているようです。 あまり無理をせず、Plesk が CentOS 8 に対応する日を楽しみに待つことにします。

  • Plesk Advisor 機能 ファイアウォール編

    セキュリティ

    Plesk(プレスク)の Advisor(アドバイザー)機能をご存知ですか? Plesk の画面右上にある この機能です。 クリックすると、、、 「注意が必要です」「最低です」などの酷評の言葉が並びます。 ここにリストされたもののひとつに「Plesk ファイアウォールを構成」とありますが、Plesk Extensions(拡張カタログ)で検索しても出てこなかったので、Advisor 機能から直接「インストール」ボタンをクリックしてみます。 別窓が開き・・・あ、なるほど。 インストールはこちらからになるのですね。 コンポーネントの追加を開き、Plesk extensions の+ボタンをクリックして、Plesk Firewall のプルダウンで「インストール」を選択。 左下の「続ける」ボタンをクリック。 完了したら「OK」ボタンをクリックして、元の画面を表示させます。 元の画面が表示されたら✕ボタンで閉じて、Plesk Advisor 機能に戻ります。 「Plesk ファイアウォールを構成」の右のボタンが「アクティブ化」に変わってます。 これをクリック。 リストから外れ、「最近導入した主な推奨事項」に移りました。 赤い!マークも、緑のチェックマークに変わっていますね。 「開く」をクリックして設定内容を見るとこんな感じ。 必ように応じて、カスタマイズもできますね。 ルールの追加もできます。

  • Plesk Extensions の監視ツールを試してみた

    ホスティングサービス

    活用できそうな新しい Plesk Extensions(プレスク クステンション)があったので試してみます。 CloudRadar Server Monitoring サーバのモニタリング機能と監視ツールです。 紹介ページを見てみると、slack などに通知を表示されることもできるようですね。 外部の無料監視ツールなどをお使いの方も多いとは思いますが、監視対象の数に制限があったりして、複数のツールを管理する羽目になったりしてませんでしょうか? やはり一元管理が楽ですよね! いつも通り、Plesk Extensions(拡張カタログ)からインストールします。 ここから CloudRadar Server Monitoring の画面を開くと・・・ ・・・・・「無料インストール」となっていましたが、紹介ページに offers reliable and affordable と書かれていたので、気にはなっていたのですが。 どうやら完全に有料の Extension ですね。。。 でも、せっかくなのでためしてみます。 Start your 30-days trial naw(no payment required) と記載もありますし。 画面に沿って入力していくと・・・・ Plesk上では単なる登録作業で、完全に外のサービスでした。。 費用は、1 ホスト毎に毎月 $1.2 で、ping 監視、port 監視、web site チェックが行えます。 当然 Plesk サーバだけではなく、それ以外のサーバを監視対象にすることもでき、エージェントをインストールすることでサーバリソースを監視することもできます。 また、監視ユーザーを追加することができ、tag でグルーピングすることによって、確認できるホストを分けることもできます。 外部サービスなので、Plesk からではなくサービスサイトから登録することももちろんできます。 https://www.cloudradar.io/ もう少し使い込んでみないとなんとも言えませんが、この価格なら検討する価値はありそうですね。

  • この秋リリース予定の Plesk Obsidian が無料で試せる!

    ホスティングサービス

    Plesk Obsidian(プレスク オブシディアン)のリリースを直前に、無料トライアルができるサイトが公開されています。 今回のバージョンでの大きな変更点は、 ・WordPressの管理機能の強化 ・セキュリティ強化のために、Mod Security と Fail2ban がデフォルトオンになっている。 ・メールサーバにおける SNI サポート。 などです。 (WordPressの管理機能の強化については、こちらの記事をご参照ください。 ➡ https://www.sthark.com/blog/6823/) ルックアンドフィールの若干の変更はあるものの、大きな違いはないように思いました。 以下のサイトからトライアル版を15日間利用できるので、ご興味がある方は是非試してみてください。 https://www.plesk.com/obsidian-preview/ サイトにアクセスすると、一番下に簡単な登録画面があります。 ここに、名前とメールアドレス、などを入力すれば、メールが届きます。 メールに記載されているコマンドを実行すれば、Plesk Obsidian インストールされます。 sh

  • 【後編】ウェブサイトを高速化! Plesk Extensions の Speed Kit を試してみた。

    ホスティングサービス

    先日ご紹介させていただきました Speed Kit(スピードキット)に、ライセンスを投入してみました! First Meaningful Paint が 20.8倍に。 Time to First Byte が 34.7倍になりました。 ということでサイトスピードは 20.8倍に! ほんとうは、Google の PageSpeed Insights の計測結果も合わせて表示したかったのですが、残念なことに期待通り数値が改善されませんでした。 一方では 20.8倍になっているのに・・・・ 恐らく計測ロジックが違うのだと思います。 ただ、体感的には圧倒的に早くなったことを感じられました。 金額的にもとても安いので、ご興味があれば試してみてください。 この Speed Kit、WordPress(ワードプレス)のプラグインからもインストールすることができるのですが、Plesk(プレスク)の面白いところは、別ドメインに切替えができるというところです。 最初の画像の一番右下のところに「無効化」という文字が見えますが、これをクリックすると Speed Kit が外れます。 そして別のドメイン名の横にある「Speed Kit を有効化」をクリックすると、そのドメインを高速化してくれます。 ウェブサイトの表示スピードは、WordPress のプラグインやネットワーク、サーバ自体の環境によっても大きく変わります。 手っ取り早く Speed Kit を活用しつつ、PageSpeed Insights の指摘項目をこまめに潰していくことで、更に大きな成果につながるのではないでしょうか。

  • ウェブサイトを高速化! Plesk Extensions の Speed Kit を試してみた。

    ホスティングサービス

    「Speed Kit(スピードキット)」 今回はこれを試してみたいと思います。 ただし、Speed Kit はライセンスを購入しないとその恩恵にあずかることができません。 無料版では、Speed Kit を使用した場合どの程度高速化できるかというレポーティングまで。 ただ、このレポーティング結果によっては、購入を検討してみたくなるかもしれません。 現在 Plesk(プレスク)で運営しているウェブサイト自体の役割や集客フェーズにもよりますが、表示スピードに課題があるのであれば、無料レポートだけでも試してみる価値はありますよね。 さてさて、Plesk Extensions(プレスクエクステンション・拡張カタログ)の Speed Kit を見てみましょう。 拡張カタログトップのここ または、Plesk Extensions「最も人気」コーナーから、Speed Kit を選択します。 めずらしく、しっかりと説明が記載されています。 ・ポテンシャルとして通常 50~300% パフォーマンスが向上する。 ・サイトスピードは利益に直結する点の指摘。 ・CDNとの違い ・特徴として、最適化と監視、完璧なキャッシング。 などが表現されています。 サーバ環境にもよりますが、CDNより優れているというのであれば、月額1,000円未満のコストであればとても魅力的なものではないでしょうか。。。 それでは無料インストールをクリックしてみます。 画面キャプチャを取る間もなく終わってしまいました。 Speed Kit の画面を開くと、Plesk に設定してあるすべてのドメインに対して簡易レポートが始まります。 なんと、ユーザーのファーストビューとして定義される First Meaningful Paint が10倍。 さらに、Time to First Byte と言われる、最初の1バイトの到達時間が40~50倍速くなるというレポートです。 個別の「パフォーマンスレポート」をクリックすると、詳細レポートが表示されます。 なななんと13倍! 6500 ms が 500 ms まで高速化されるというレポートが出ました。 ちなみに、今回の検証用のサイトでは、WordPress を利用してます。 WordPress を高速化したいというリクエストは最近とても多くなってきていますが、当社でも提供している KUSANAGI では複数ドメインを運用するのは不向きです。 複数ドメインの WordPress とメールアカウントを運用するのはやはり Plesk が適していますが、残念ながら WordPress を高速化する KUSANAGI を動かすことができません。 複数ドメインの WordPress とメールアカウントを運用する際、Plesk + WordPress Toolkit + Speed Kit は良い組み合わせかもしれません。 悩んだら、まず試してみることをお勧めします。 レポーティングまでなら無料で試せますので。 価格と、そこから得られる価値。 本当に必要なもの。価値あるものをちゃんと選んでいきたいですよね。 【編集後記】 今回の記事とはまったく関係ないお話なのですが、ずいぶんと久しぶりに野球観戦に仲間とでかけました。 昼間の雨が幸いして、涼しいとは言えないにしても、快適な夏の風に包まれながら観戦することができました。 プロ野球観戦と生ビールに花火。たまには良いものですね。 みなさまも夏バテにはお気を付けて、頑張ってください。

  • Plesk の無料 Extensions Mail Importing を使ってメールデータをインポートしてみた。

    ホスティングサービス

    「Plesk の Extensions を活用して、WordPress でつくったサイトを移行してみた」 ここで紹介した「Site Import」というPlesk(プレスク)の無料 Extensions ですが、 実は、「Mail Importing」というのも付いてきます! ブログのためにいろんな環境のPleskを見ていると、 「あれ?あんな機能があったはずなのに・・・」と、どこかの Plesk には装備されていて、 実際に「使ってみたい」と思ったときに見つからない。なんてことがたまにあります。 そんな自分のためにも、ちゃんと記録として残しておきたいと思います。 冒頭の「Mail Importing」が、今回のそれです。 お客様からのご要望で、MT から WordPress への乗換えをご支援させていただいているときに、いくつかの方法を提案させていただきました。 ・下位のディレクトリに WordPress の環境をつくり、リリースの際にドキュメントルートを変更する。 ・サブドメインを作成し、そこで WordPress 環境を構築。リリースの際は構築用サブドメインを運用ドメイン名に変更して公開。 ・または、リリースの際にウェブサイトコピー機能を使って WordPress 環境で上書き。 簡単かつ安心な方法でやりたいリニューアルですが、それぞれできる事が違い、やらなければいけない作業も変わってきます。 最初のドキュメントルート変更では、php のバージョンを現行バージョンから変えることができません。 ドメイン名を変更してリリースさせる場合は、ドメイン名といっしょにメールの@以降も変わってしまいます。 この場合は、将来的に@ドメイン名に昇格させるサブドメイン側にも、いま利用しているメールアカウントを作成しておいてあげないとダメですし、メールの運用上メールボックスが新旧2つできてしまうことも頭に入れておかないといけません。 最終的には、Plesk のウェブサイトコピー機能をフルに活用して、現行サイトをサブドメインにバックアップし、新サイトを現行ドメインにウェブサイトコピー(上書き)してサイトをリニューアルさせました。 ※サイトコピーの際、データベースの割り当ても適切に変更する必要がありますのでご注意ください。 安全だしエンドユーザー様の手間もあまりかかりませんが、Plesk 管理者の作業が増え緊張も高まりますね。 今回はこの移行ネタではなく、この時に感じた「あれ?あんな機能があったはずなのに・・・」です。 (もしご興味があれば、ウェブサイトのリニューアルに関わるネタは日を改めて書かせていただきます。) 移行作業におけるお客様のご要望とご期待に応えるため、むしろその期待値を越えるために、前述の提案内容をまとめるまでに様々な検証を行いました。 その際に、視界の片隅に映っていたアイコンが「Mail Importing」です。 WordPress を軸に、ウェブサイト中心で考えてしまうことが多いのですが、やはりメールも重要なツールです。 ウェブもメールも安全に移行できるのであれば、Plesk 最強のポジションは揺ぎ無いものなると個人的には感じてしまいます。 さて、はじめてみます。 左メニュー「ウェブサイトとドメイン」の「Mail Importing」のアイコンをクリックします。 「Import mail messages」をクリック ここにメールアカウント情報を入力して「OK」ボタンをクリックします。 すでに移行先メールアカウントを作成している場合は、Destination e-mail のプルダウンメニューに表示されますので、そこから選択します。作成していなければ create a new mailbox を選択します。 通信状況にもよるのでしょうが、実測値で10,000通を15分程度でコピーしてきます。 終わるとこの画面になりますが、Re-sync(再同期)があるのがうれしいですね。 ちなみに、Mail Importing の設定のところで「Show advanced options」をクリックすると、ソースホストをIPで指定することもできます。 IP で設定しておけば、DNS の切替えのタイミングを気にせず、しっかり差分まで同期できます。 メールデータは521 MB、25分程度で完了しました。 ちょっと呆気ない感じですが、 簡単にメールサーバも移行可能ということですね。 Plesk すごいですねぇ~ 【編集後記】 今回の記事で検証したメール移行ですが、実際に使用しているメールアカウントで試してみました。 「DNS の切替えのタイミングを気にせず、簡単に移行できます」と言い切りましたからね ^^ 実はこれ、前回のブログでちょっと触れましたが、大手ホスティング会社の大型メンテナンスの影響を受けて「サーバ移さなきゃいけない」という状況が背景にあります。 どんな環境へも移行が簡単な Plesk に乗換えておけば、今後のそういったことへの対策にもなります。 ブログにも記載しました「Show advanced options」を開き、Source IMAP host に現在利用しているメールサーバの IP を入力。

  • cPanelで管理しているドメインを、まるっとPleskへ移行してみた!

    ホスティングサービス

    今回の検証のきっかけは、こんな記事でした。 Announcing Account Based Pricing | cPanel Blog cPanel のライセンス値上げのアナウンスです。 かっこいい表現でまとめていますが、大幅な値上げです。 ライセンスの種類によっては、数百パーセントから数千パーセントの値上げになるようです。 ちょっと露骨ですが、これをきっかけに Plesk(プレスク)への乗換えを検討される方もいらっしゃるのではないかと・・・ とはいえ cPanel も良いツールです。 Plesk同様 様々な開発がすすめられ、様々な機能が追加されていますね。 ということで、cPanel についても簡単に紹介させていただきながら、以下の順で Plesk への移行をご紹介させていただきます。 cPanel のインストール WHM(Web Host Manager)、cPanel のインターフェイス Plesk 移行・移管マネージャによる cPanel からの移行   今回もまた「とある有名なVPS」を活用させていただき、cPanel をインストールしていきます。 コマンドはこれだけです。 cd /home && curl -o latest -L https://securedownloads.cpanel.net/latest && sh latest しかし、いきなりこのように怒られてしまったので、NetworkManager を止めてリトライ。 cPanel does not support NetworkManager enabled systems. The installation cannot proceed. 今度はうまくいっているようです。 無事、インストール完了です。 最後に表示されているように、https://(IPアドレス):2087、または https://(ホスト名):2087 で WHM(Web Host Manager)にアクセスします。 ここでユーザーを作成すると、cPanel へアクセスできるようになります。 ちなみにWHMにログインするとこんな感じです。 (WHM 管理画面) WHM は、ホスティング環境を提供するための、様々なサーバ上の環境設定ができるコントロールパネルです。 WHM でユーザを作成し、cPanel にアクセスします。 (cPanel 管理画面) 今回見てみたいのは、やはりこちら。WordPress の機能ですね! ちょっと慣れるのに時間はかかりそうですが、インストール機能としては Plesk 同様のものです。 じっくり見てみたいところではありますが、cPanel の紹介はこの辺にして先を急ぎます。 cPanel 上で、いくつかのドメインと WordPress 環境、メールアカウントを作成して、お馴染みの Plesk 管理画面に移ります。 「ツールと設定」→「ツールとリソース」です。 (Plesk 管理画面) 移行・移管マネージャをクリックすると、「移行を新規開始」というボタンが表示されますが、ここからスタートです。 見てください、良い意味でいやらしいですよねぇ~

  • Pleskの自動アップデートに関する動作ポリシーの変更について

    Plesk(プレスク)

    Plesk Onyx(プレスクオニキス) 17.x から Plesk Onyx 17.8 への自動アップデートを開始することとなりました。 その結果、Plesk Onyx サーバは最新のものになり、最新の修正、特にセキュリティ修正と最新のすべての機能が追加されます。 という書き出しの案内メールが Plesk 社より5月中旬に届きました。 ポジティブな表現ばかりを並べた、なんとも日本っぽくない書き出しですよね。。 このメールは、”すでに OnlineStore から購入された Plesk Onyx 17.0 と Plesk Onyx 17.5 にはこのポリシーが適用され、「好評価をいただいております」”と、文章が続きます。 この後、私どもを含めたパートナーが保有する Plesk Onyx 17.x が自動アップデートの対象となっていくわけですが、以下のスケジュールで実施されます。 「Plesk リリース階層」の設定順に、 「アーリーアダプタリリース 」:6月~7月に実施 「ジェネラルリリース」:7月~9月に実施 「レイトアダプタリリース 」:10月~11月に実施 となります。 この「Plesk リリース階層」設定は、Plesk の管理画面の「ツールと設定」、カテゴリ「Plesk」の「アップデートとアップグレードの設定」から確認できます。 この場合、ジェネラルリリースになっているので、7月~9月に実施されることになります。 今回は、このアップデートによって、どんな影響があるのかを検証してみます。 【ご注意】 今回は検証サーバでアップグレードを試していますが、すでに運用中のサーバの場合、必ずバックアップをとってから実施することをお勧めいたします。 Plesk にログインすると、すでに「Plesk Onyx 17.8.11 にアップグレードできます。」というインフォメーションを見つけることができます。 「いますぐインストール」の横に「新機能を表示」があります。 ここから見てみましょう。 興味深いのが、WordPress Toolkit 4.1.0。 前回ブログで紹介させていただいた外部サーバにある WordPress へリモートアクセスし、バージョン管理、アップデートが行える機能が、 root アクセスではなく、WordPress の管理者アカウントで行えるようになった点です。 前回のブログは、こちらをご参照ください。https://www.sthark.com/blog/6823/ これは、root 権限がない共用サーバで管理している WordPress へのリモートアクセスが可能になるということです。 「これは面白い!」 さっそく Plesk を 17.8.11 にアップグレードしてみましょう。 さきほど見かけた「今すぐインストール」をクリックします。 ページが表示されるまで少し時間がかかりますが、じっくり待ちます。 「製品のインストールまたはアップグレード」をクリック。 「Plesk Onyx 17.8.11」が選択されてますので、そのまま「続ける」をクリック。 Plesk pre-upgrade check WARNING: There are custom web server configuration templates at /usr/local/psa/admin/conf/templates/custom. These custom templates might be incompatible with

  • Plesk から操作できる Cloud Linux の LVE Manager を試してみた!

    ホスティングサービス

    LVE Manager とは、Cloud Linux 上で管理されるバーチャルドメイン毎に CPU や IO、メモリ、iノード、プロセス数などのリソースを細かく制御できるコントロールパネルです。 Plesk(プレスク)をサービスの顔として採用したいとご相談をいただいている方から、最近 Cloud Linux について相談を受けたのがきっかけでした。 STHARK ホスティングで提供しているサービスは、基本的に Virtuozzo の仮想化基盤上に HA 構成で組み上げているのですが、その方は Cloud Linux をベースにサービスを運用されていらっしゃいます。 調べてみると、Cloud Linux + Plesk という組み合わせは非常に相性が良く、たくさんのドメインを管理するという意味では完璧な組み合わせです。 検証してみたところ、Virtuozzo の最新バージョン上で Cloud Linux を動かすことはできたのですが、Cloud Linux + Plesk の組み合わせがとても気になって、実際に試してみることにしました。 Cloud Linux + Plesk を調べている際に、この組み合わせを提供している某ホスティング会社のサービスを見つけることができたので、手っ取り早くさくっと申し込んで試してみることに。。。 このサービスでは、Plesk で Cloud Linux の持ち味を活かすための LVE Manager というものがインストールされていなかったので、ここからご紹介させていただきます。 インストールは以下のコマンドを打つだけの簡単なものです。 yum install lvemanager サーバ環境によっては多少時間がかかりますが、コマンドを打ったらインストールが完了するまで待つだけです。 インストールが完了すると、おなじみのメニューに LVE Manager が追加されます。(サービスプロバイダビューの場合) ※パワーユーザビュー場合は、「拡張」>「自分の拡張」>LVE Managerの「拡張に移動」となります クリックすると初期セットアップが始まります。 セットアップの設定項目は4つ。 CageFS は、同居するドメイン同士の負荷などの影響をなくし、ドメイン毎のリソース制御を実現するVPSライクな運用を可能にする Cloud Linux 一番のうま味なのでしっかりと活用しましょう。 LSAPI は PHP を高速化させる LiteSpeed の PHP なので、入れておいて損はないと思います。 MySQL Governor はこの画面からはインストールできないようなので、今回は無視します。 PHP Selector の詳細設定は、インストール後にLVEマネージャの設定で利用可能になりますので、とりあえず適当に。。。 こんな感じでセットアップしてみます。 インストールがはじまり、、 完了します。 ドメイン毎にトラフィックスピード、メモリ、ディスクIOとスピード、プロセス数などを管理できるようになります。 表示されているリストの右隅、えんぴつマークをクリックすると、これらの数値(上限)を設定できます。 バーチャルドメインで数百、数千という数を扱うのであれば、とても活用できるものだと思います。 以前の共用サーバでは、1つのドメインの負荷があがると、サーバ全体に影響を及ぼしていましたが、これがあればドメイン単位で制御できます。 なかなか期待値は高いですね。 サービス展開も検討しておりますので、なにかあればお気軽にご相談ください!

CONTACT

Flex Mini Cubeに関するお問い合わせ・相談ウェブサーバー専門スタッフが直接対応

03-6704-0779 平日:10:00-18:00 土日祝休み
お問い合わせフォーム